アドラーは「共同体感覚」という言葉を使っていますが、何故かピンと来ないので「人」「人と人との結びつき」を当てはめて読んでみました。

人生の意味の心理学
第一章 人生の意味「人生の三つの課題」

我々のまわりには他人がいる。

そしてわ我々は他人と結びついて生きている。

人間はm個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することはできない。

もしも、一人で生き、問題に一人で対処しようとすれば、滅びてしまうだろう。

自分自身の生を続けることもできないし、人類の生も続けることはできないだろう。

そこで、人は、弱さ、欠点、限界のために、いつも他人と結びついているのである。

自分自身の幸福と人類の幸福のために、もっとも、貢献するのは人と人の結びつきである。



人と人の結びつきによって、他人(仲間)に貢献し、貢献感をもつことで、生きる喜びや幸福感を得ることができるということです。

一方、この感覚が欠如している人もいます。

人を蹴落としたり、足を引っ張ったり
自分をことさら大きく見せようとしたり
他人を支配しようとしたり

彼らが、人生に与える意味は、私的な意味である。

つまり、自分が行ったことから、益を受けるのは自分だけである。と考え、関心は自分にだけ向けられているのである。

彼らの成功の目標は単なる虚構の個人的な優越性であり、勝利は自分自身に対してしか意味を持っていない。


自分にだけしか関心を持たず、自分の利益になることだけを目的として生きている。なんと切ないことでしょう。この世の中ではある一定数いますね。


人生の意味は全体への貢献である。

人生の意味は貢献、他者への関心、強力である。

アドラーは人生の意味を一言でこう言いきっています。

DSC08926.jpg