劣等感とは

理想に到達できていない自分に対し

まるで劣っているかのような感覚を抱く


状態のことです。

志がたかければ高いほど、「まだまだ未熟だ」「もっと頑張らなければならない」「なんでこんなにできないのだろう」というある種の劣等感を抱いてしまうでしょう。

劣等感は、悪ではなく、正常な努力と成長への刺激になります。

努力や成長の促進剤になるのです。

自らの劣等感を克服するため、より前進しようとする。現状に満足せず、一歩でも前に進もうとする。

もっと幸せになろうとする。

この事実を受け入れずにマイナスになる場合があります。

劣等コンプレックスというものです。

劣等コンプレックスは

何もしないうちから、「どうせ自分なんて」「どうせがんばっても」と諦めてしまうのです。

劣等感と劣等コンプレックスは違います。

たとえば
「自分は学歴が低い、だからこそ、他人の何倍も努力しよう」

これは劣等感。

「自分は学歴が低いから成功しない」

「××であるから、○○できない」というパターンになることが劣等コンプレックスです。

アドラーはそのコンプレックスの心理状態のことは

現実的な努力をしたくないため、自分でそのせいにしているだけと言っています。

変わりたくない

多少の不満があっても今のままのほうが楽

自分が意思付けして劣等コンプレックスを抱いているのです。

確かに自分の意思次第ということがわかります。

DSC08926.jpg


 カテゴリ