五木寛之著の新幸福論

にこんな言葉がありました。

************

私たちはいま、自分が幸福なのか不幸なのか

本当のところがよくわからない。

そこそこに幸せを感じながらも、明日に不安をおぼえている。そんな状態なのではないでしょうか。

************

日本は食うに食えないという人は少ない。

総中流階級

と言われるくらい、どん底の生活の人は少ないと思います。

もし、どん底の生活をしている人であれば、幸福どころか、今を生きるのに精一杯です。

幸福のことなんて考える余裕すらありません。

どん底でないから、明日が不安、将来が見えない、という状態になっている。

そして、幸福になりたい!

と思いながら、何が幸福なのか?本当のところがわからない。

まさにそういう状態に私たちはあるのではないでしょうか。

戦後のどん底から、欧米に追いつけ追い越せで、経済大国になった日本

そして、日本人。

私たちは今、見つからない幸福とは何かを探している・・・・

DSC08922.jpg


 カテゴリ