「いまを生きる」という映画がありました。

今から30年前(1989年)のアメリカ映画です。

第62回アカデミー賞で脚本賞を受賞している。

主演:ロビン・ウィリアムズ
監督:ピーター・ウィアー


原題は「Dead Poets Society(死せる詩人の会)」

英語と日本語では全然違う題名です。


日本題の「いまを生きる」とう題名はどこからきたのか

というと

教師キーティングが発するラテン語「Carpe Diem」の日本語訳で「いまを生きろ」「いまをつかめ」といったところからきたようです。

P1020754.jpg